防水工事の必要性と優良業者の選び方を伝授

積木
このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光の熱で作った電気

ソーラー発電

普及率の高さ

九州地方にある福岡は、日本全国の中では比較的晴天率が高い地域として知られています。1日の日照時間も長めなので、そのことから福岡の住宅には、積極的に太陽光発電装置が取り付けられています。太陽光発電とは、屋根などに集光パネルを敷き、そこに浴びせられた太陽光の熱を使って、電気を作り出すことです。集まる太陽光が多いほど、多くの電気を作ることができます。そのため福岡は、効率の良い太陽光発電が可能ということで注目されています。現に、個人宅における太陽光発電装置の普及率は、全国平均は約6%ですが、福岡では約9%となっています。そのくらい需要が高いので、昨今の福岡では、太陽光発電装置をつけた状態で販売される新築住宅も増えてきています。

電気料金の節約と売電

太陽光発電装置は、先述したように基本的には屋根の上など、太陽光を多く浴びる場所に設置されます。しかしそれだけでなく、作り出した電気を住宅内で利用するための、屋内での配線工事もあわせておこなわれます。とはいえ工期は比較的短く、一般的な広さの住宅の場合、数日程度となっています。それでいて工事後には、テレビやエアコンといった電化製品を、作った電気で動かすことができるようになるのです。オール電化となっている住宅では、もちろん調理や風呂でのお湯はりにも利用できます。その分電気料金が安くなりますし、電気が余った場合には電力会社に売ることも可能です。そのため太陽光発電がさかんな福岡では、売電によって利益を得ている人も多くいます。